正しく使用して効果を得よう

避妊のために低用量ピルを服用している人は多いでしょう。
しかし間違った使い方をしていませんか。
結構間違ったまま服用し、せっかくの効果を最大限に得られないままになってしまう人も多いので、まずは病院で処方してもらった方が良いかもしれません。
正しい使い方だけではなく、避妊についての考え方や情報も、一緒に教えてもらえるでしょう。
私も最初は病院で処方してもらいました。

生理開始日から飲み始めたトリキュラーは一般的に日本で利用されている低用量ピルで、安全なものです。
トリキュラーには21と28の2種類がありますが、どちらも同じ成分でできています。

違いは服用しないで良い期間をどのように過ごすのか、ということです。
21日間連続して薬を飲んだ後、7日間飲むのを休んでいる期間があります。
21の方は何も服用せず、ひたすら7日たつのを待つのですが、28の方は待っている7日間も偽物の薬を服用するのです。
なぜ偽物の薬を服用するのかというと、自分が今薬を飲み終わってから何日たったのか忘れないようにするためです。
きちんと数えていればよいのですが、うっかりチェックするのを忘れていた場合、今飲み終わって何日たったのかわからなくなってしまうでしょう。

使い方を間違えれば効果が半減したり、場合によっては全く得られないこともあるかもしれません。
なのでそういったことを防止するために、28の方では服用を休んでいる間も偽物の薬を飲むことで7日間をしっかりと乗り切れるようにしたのです。
私もわかりやすいトリキュラー28を利用していました。
28日飲み終わったらまた新しいシートを飲み始めます。
生理初日から飲み始めることで、その日からしっかりと避妊が可能となり、安心して過ごすことができました。

皆さんもきちんと自分の行動に責任を持つ必要がありますから、妊娠をしたくないと考えているのなら、きちんとピルを利用して避妊を行っていきましょう。
男性に任せっきりという人も多いので、女性の皆さんも避妊に対してもう少し対策をとる必要があると思います。
トリキュラーは副作用もなく、安心して飲めるピルだと口コミでも高評価でした。
なので初めて利用するという方でも、安心して服用できるのではないでしょうか。

最近では個人輸入代行を利用して手に入れることができるようになりました。
私は最初だけクリニックにいって処方してもらい、後は自分で輸入代行業者を活用して手に入れていました。
やっぱり個人輸入をした方が薬代はかなり安く抑えられます。
定期的に飲むものですから、利便性なども考えると個人輸入をうまく使いこなした方が良いかもしれません。
1日1回決まった時間に飲み、服用を続けていた期間はきちんと避妊ができていました。
飲み忘れることもなく過ごせたのですが、飲み忘れても1日だけならすぐに飲み忘れた分も一緒に飲むことで、効果を継続させることができます。
飲み忘れた際の対応方法も事前にチェックした上で利用するとよいでしょう。

Comments are closed.