28錠で高い避妊の効果を発揮できるもの

男性と違って、女性は性交渉をするときに高いリスクを背負うことになります。
それが、妊娠といった出来事です。
望まない妊娠をすれば、身体に負担をかけるだけでなく心身ともに疲弊してしまうことがあります。
それを避けるために避妊をする必要性があるのです。

避妊といえば、男性のほうが一般的です。
女性だけでも避妊をすることができます。
それが、経口避妊薬のピルです。
特に代表的な製品にトリキュラーがあります。

トリキュラーは日本ではなく、海外で作られている薬なのです。
低用量のピルで、ホルモンバランスを変化させて妊娠することを防ぎます。
排卵をおさえたり、着床をするのを防いだり、子宮に精子が入りにくくする効果を持っています。
トリキュラーは避妊だけに効果を発揮するのではなく、ホルモンバランスを変化させることによって生理不順にも高い効果を発揮します。
イベントがあったり、デートがある日に生理になりたくなひとにとっては、利用価値の高い薬だといえます。
生理周期をきっちりと28日に整えることができるからです。
服用方法は、月経の1日目から1日1錠を3週間服用します。
その後の1週間は服用を休みます。
決められた時間に飲むようにするといいです。

飲み忘れに気付いたときには、早い段階で前の日の1錠を飲みます。
さらに、その日の1錠も飲むのです。
飲み忘れをしたときには、1日に2錠飲むことになります。
飲み始めてから、1週間くらいは副作用である頭痛や下腹部の痛みや吐き気に襲われることがあります。
しかし、飲み続けるうちに症状は軽くなっていくので心配をする必要がありません。
飲み続けていても症状が回復しなかったり、悪化するときには、すぐに医師に相談をしましょう。
薬なので、副作用がでるのは仕方がないことですが、通常のものに比べるホルモンを可能な限り低下させるので、症状を軽減させてくれます。
他の経口避妊薬のピルから切り替えるタイミングも知っておきましょう。

21錠のものを使っていた場合には、飲み終わってから1週間薬を飲まない期間を作ります。
そのあとすぐに新しいほうの薬を飲み始めるようにします。
28錠のものを使っていた場合には、飲み終わってからすぐに新しいピルを飲み始めて問題はありません。
どちらの場合でも新しいピルを飲み始めるのが遅くなると妊娠をする恐れがあるので、十分に気をつけて服用しましょう。
避妊ピルのメリットは多くあります。
男性の協力がなくても避妊ができることが多いです。
特に夜の世界をしている人にとっては、仕事柄つねにリスクがつきまとってきます。
そのリスクを少しでも減らすためにトリキュラーを服用しはじめてもいいかもしれません。
現在では、インターネットからでも手軽に入手することができます。
利用をするときには、薬の効果や注意書きをしっかりと熟読をしてから購入しましょう。
信用できるサイトを一つは知っておくと今後の生活に役立ちます。

Comments are closed.