日本でも人気が高いピル

性交渉をするときには、万が一に備えることが重要です。
望まない妊娠は誰の得にもならないので、子どもを授かりたくないときにはしっかりとした避妊を心がけましょう。
パートナー同士の話し合いで問題を解決するのが得策です。
女性の場合の避妊といえば、ピルを飲むことが有名です。
使用をするときには、安全度と効果が高いものを利用するといいでしょう。
なかでもトリキュラーは避妊への効果が高い、低用量のピルとして日本でも人気が高いです。
ドイツの製薬会社によって製品は作られています。
海外で作られているのです。
自然なホルモンパターン分泌に似せて、薬のホルモンの量を抑えるといった特徴を持っています。
卵巣ホルモンと黄体ホルモンの二つに働きをかけて避妊への効果を持たせているのです。
ホルモン分泌に影響を及ぼして排卵を抑えて妊娠を防ぐのです。
また、子宮にも影響を及ぼして、着床を防止したり、子宮の中に精子を入りにくくする効果もあります。
用量を3段階に分けていることから、三相性のタイプだといえます。
生理不順の人にも効果を発揮するため、悩んでいるひとは服用をしてみるといいでしょう。
旅行に行くことがあって、遅らせたい人にも効果を発揮してくれます。
服用方法を確認しておきましょう。
1日1錠、決められた順番を決められた時間に飲むように心がけましょう。
食前でも食後でも問題はありません。
飲み忘れをしてしまったときには、気が付いたときに24時間経っていなければすぐに飲むようにしましょう。
24時間以上経過をしているときには、1週間飲むのをやめて、違う避妊の方法を試しましょ。
1週間経過したときに、あたらしいシートを開けて飲むようにするのです。
これらは、通常の場合で医師の指示に従って服用するようにしましょう。
トリキュラーも薬なので、副作用が出ることがあります。
しかし、通常のものよりもホルモン分泌が下がっているため副作用は軽減されます。
飲み始めたときには、ホルモンバランスの変化によって副作用がでることもあります。
飲み続けているうちに症状は軽減してきますが、症状が軽減しないときには服用を中止しましょう。
副作用としては、頭痛や下腹部の痛みや吐き気などがあります。
運転をするときに服用をするときには気をつけたほうが良いでしょう。
また、飲み忘れをすると不正出血の恐れがあるので、こちらも注意したほうが良いです。
避妊のためのピルは、男性の協力がなくても使うことができる手段です。
また、男性が避妊をしていても確実に避妊ができるとは限りません。
男性と共に二重で避妊をすることで、妊娠をする確率を落とすことができます。
トリキュラーは薬なので、一般的には病院にいって、医師の処方箋に基づいて入手するのが安全です。
しかし、ネット上からでも購入をすることができるので利用状況にあわせて入手する先は決めましょう。
利用する場合には、サイトが信頼できるかを十分に調べる必要があります。

Comments are closed.