ピルを使って避妊対策をしよう

避妊をするのは男性だけの役目だと思われがちですが、女性でもしっかりと避妊対策をすることができるのです。
男性ばかりにお任せするのも良いですが、女性ができる避妊をすることで二人の愛情をより深めていくことができます。
女性ができる避妊対策といえばトリキュラーです。
トリキュラーはいわゆるピルというお薬です。

ピルという名前は聞いたことはあるけれども、服用の仕方が非常に複雑だ、副作用が気になる、生理周期がおかしくなってしまうのではないかという意見もあるかと思います。
でも、トリキュラーはセックス時の避妊以外にも良い効果を発揮してくれるのです。
それは生理周期を正しくしてくれる作用もありますし、生理痛を和らげることもでき、さらには女性がかかる子宮内膜症や卵巣がんに子宮体がんなどの婦人病を防止してくれるのにも非常に役立ててくれます。

それにピルを服用するとホルモンバランスの影響などで太ってしまうのではないかという意見もありますが、トリキュラーに関しては低用性タイプを使用することで、顔や足などのむくみや体重増加に乳房の増加などの副作用に苦しむことはほとんどありませんので、体重増加などが気になって服用をためらっている女性の皆さんもこちらのお薬でしたら安心して服用することができます。
そして肝心な服用方法ですが、生理が始まる1日目から1日1錠を3週間服用します。
そして、1週間薬の服用を休むことです。
この4週間を1クールとしてとらえて、このサイクルを繰りかえします。

そして万が一、服用するのを忘れたことに気が付いたら、すぐに前日の分をのみ、その日の分も決まった時間にのみます。
服用するときはカレンダーにわかりやすいように記載しておくのが一番です。
副作用に関しては、むくみ・ふくらはぎの痛み・手足のしびれに胸の痛み・突然の息切れに湿疹にめまいなどの報告があります。
これらの症状に気が付き、体の負担を感じるようになったらすぐにお医者さんに診察を受けることをお勧めいたします。

それにトリキュラーはコスト的にも非常に良心的なところがあります。
個人輸入の場合でしたら、21錠で約2780円で購入することができます。
この価格で避妊もすることができて、さらに月経痛と子宮内膜症の改善などに貢献してくれるのです。

このお薬を飲んでいるだけで子宮内のバランスを整えてくれると言っても過言ではありません。
近年の女性たちは、非常にストレスを溜めやすい状況下にあります。
ストレスがたまってしまうと生理不順や婦人病などのリスクが付きやすくなってしまいますので、日常的に服用するのも良いかと思います。
この薬は女性の体を守るために必須です。
セックスをするときに男性は避妊をしてくれない場合もあります。
こうした場合でもこの薬を服用している限り自分の体をしっかりと守り貫くことができます。
自分の体をもっと大事にしていきたいと考えている人は是非服用を検討してほしいです。

Comments are closed.